ソープランドは病気が強いのか?

徹底すれば性病は怖くない!

ソープランドで働くのが怖いという女性のほとんどが、その理由に挙げるのが、病気というふうにソープランドは不特定多数の男性と関係を保つために性病なんかを恐る女性も多いみたいです。

ですが、果たして性病とは風俗で働いている限りつきものなのでしょうか??一つ言えることがあるとすれば、性病は決して予防できないものではありません。現状性病にかかりにくい状態というのは作ることが可能です。まずは十分な睡眠をとること、体調の管理をしっかりすること、大切なのは自己管理をしっかりすること。ほとんどの場合は自己管理がしっかりできていないことにより、性病をもらう確率があ高くなります。風俗の仕事をしている以上どんな業種でも体力勝負な部分はあります。なので体調の管理は最も大切な部分になってきます。体調の管理がしっかりしていれば病気をもらう可能性は限りなく低くなります。スキン着用のお店であれば、その確率は限りなく低くなります。もちろん自覚症状のない性病というのもあります。これは定期的に検査をすることをお勧めします。自覚症状のない性病というのは、クラミジアや淋病なんかがそれに当たります。もちろん、その手の性病は梅毒やHIVに比べてかかりやすいので風俗嬢の天敵といえます。これらの性病は軽度な分、気づかないこともおおいです。この時期接客本数が多くなることは必然なので、プレイ後のイソジンのうがいや排尿を徹底することで予防ができます。特に気をつけてみましょう!

×