ソープランド出稼ぎの方は必見

ソープランドの出稼ぎも最近流行っています。ただ出稼ぎの経験者には当たり前のことでも、初心者にはなかなかわからないということもあるかと思いますので、今回はそのお話です。

ソープランドの出稼ぎに行くのに重要になって来るのはまずはパネル(宣材写真)ということになります。都内や地元で働く場合は最初に写真をとってから働くのが普通ですが、出稼ぎに行く場合はそうもいきません。

地方の場合はパネルを持ち込んでくれというお店が多いのです。保証額もそれを基準に保証の金額を決めるというお店も少なくありません。なので必ず自前の宣材写真を撮っておくことをお勧めします。パネル次第で採用不採用が決まる場合もあります。

次に本籍地記載の住民票の存在です。ソープランドの出稼ぎに行く場合はほぼ必須になってきているものです。今のところ茨城エリアの一部店舗のみなくても出稼ぎにはいけるお店があります。ただ選択の幅が狭まってしまうので出稼ぎに行く際は必ず取得しておく方がいいと思います。また名古屋より西のエリアは箱ヘル、デリヘルの出稼ぎの場合でも用意しないと受け入れできないという店舗も多いので、注意が必要です。

 

[metaslider id=199] ×
 出稼ぎの相談はラインから  
友だち追加
close