風俗で実用的なファッション

相手に一歩さをつける服装を

風俗で働く子の身だしなみについて今回は書きたいと思います。普通の子のファッションと気をつけるところが少し違うので参考にしていただければと思います。もちろん普通の昼職の子と変わらず注意するところもたくさんあります。

 

1,爪

女の子のおしゃれの定番ですけれども、その分気を使うところでもあります。長すぎたり、派手すぎる爪はNG。お客さんを洗ったりするのが風俗では基本的なプレイなのでかなり気を使うところでもあります。なので、白もしくはベージュの色あいが好まれます。

 

2,下着

人前で服を脱ぐ職業の方なら、下着は制服と一緒。お金をかけるところの一つです。高級ソープなどでは一接客ごとに下着を替えたりするのも当たり前。高級下着は高いので出費は痛いですが、お金持ちのお客さんを掴みたいなら下着にも気をつけないといけませんね。

 

3,髪

髪はボサボサは普通の昼職でもNGですよね。清潔感がないとリピーターのお客さんもつきません。なので必ず髪型はセットするのが理想ですね。もちろん、髪の色もプリンになっている子はなぜか汚く見えてしまうのでそこも注意しないといけません。

 

4,服装

服装で重要なのはパンツルックはやめましょう。お店でもよく言われる事ですね。

パンツルックは男性の欲情を刺激しづらいという一点。初対面でパンツルックだとデリヘルやホテヘルで長い時間を取るのに支障をきたしてしまうからです。

 

以上が風俗で働く際に気をつけなければいけない服装面の注意です。機能性と相手の印象を良くする事を心がけましょう。

守っていて損になる事は少ないと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×
↓クリックで社会貢献↓