男性運転手のタクシーで嫌な思いをしないコツ

タクシーで女性が嫌な思いをしない為のコツ

男性もそうですが、女性にとってタクシーは便利ですよね?

しかし、女性側からすると見知らぬ男の運転手と密室となり
男性側が舵を握っているので怖いですよね?

そんなタクシーで嫌な思いをしないコツをご紹介!

 

 

見知らぬ男と2人きり!「タクシーでイヤな思いをしない」コツ3つ

Update : 2016.05.23

見知らぬオトコと密室で2人きりになるのは、なんとしても避けたいですよね。

もしも“まさかの事態”が起きてしまっても、「だってあなたがその場に行ったんでしょ!?」と同情されない事態もありえます。

でも、密室だからこそ変なオトコは本性を剥き出しにすることも……!

そして、見知らぬオトコと2人きりになってイヤな体験が多い密室といえば……、“タクシー”が挙げられるのではないでしょうか?

変わった運転手さんのクルマに乗り込んでしまうと、目的地に到着するまでヒヤヒヤしますよね……。

そこで今回は、怖い思いをしないためにタクシーを選ぶコツを3つご紹介します。

■1:ドアが開いた瞬間に「違う」と思ったら降りる

タクシーに乗ろうと手を挙げてたまたま停まったクルマに乗り込んだ瞬間に、運転手さんとの相性が悪そうだと感じることってありますよね。

そんな時は、「あ。すみません。忘れ物しちゃったんで降ります!」とその場をごまかしてサッサと降りてしまったほうが得策なことも。

感じが悪い運転手や怖そうな運転手だったら、たとえ数十分といえども密室で2人きりにはなりたくないですよね。

相性が悪そうと感じたカンはだいたい当たっているので、そのまま乗っていてもイヤな思いをする可能性が大です。

■2:目的地がわからない運転手だったら降りる

「●●までお願いします」と目的地を伝えても、道を知らない運転手や狭い地域しか走っていない運転手だと「え? どこですか?」などと目的地を詳しく伝える羽目になりますよね。

さらには、道がわからずに遠回りをしたり渋滞の中を延々と走ることも。

目的地を告げた時にわからない様子だったら、別のタクシーに乗り換えるのも密室でイヤな思いをしないコツになるんです。

筆者は“乗り換える”という行動に出るまでは、延々とイヤな思いをするタクシーに乗って散々な目に遭ったことが結構あります。

■3:不愉快な言動があったら「領収書をもらいますので」と先に伝える

タクシーの領収書にはクルマや運転手を特定する情報が書いてありますよね。

お客様を不快にする言動をしている運転手にとって一番怖いのは会社にクレームが入ることだそう。

けれど、若い女子だと甘く見られてテキトーな接客をされたりイヤなことを言われたりすることも。

そんなときは、「後で領収書もらいますので」とひと言伝えるだけでも効果があります。

筆者は20代の頃に、タクシーの運転手に目的地から真逆の方向にわざと連れて行かれ(都内で乗って都内の目的地を告げたのに、横浜方面に走られた)、「飲みに行こうよ。いいお店があるんだ」などと言われとても怖い思いをしました。

その時に「お宅の会社に連絡します!」「領収書ももらいますので!」と騒いでいたら、諦めたのか当初の目的地に向けてUターンしてくれたという経験があります。

怖いので、その場で降ろしてもらうよう何度も懇願したけれど、結局当初の目的地まで降ろしてもらえませんでした……。

もちろんその後に、その会社に大クレームをいれたのは言うまでもありません。

いかがですか?

タクシーって手軽の乗り物である一方、見知らぬオトコと密室で2人きりになるから怖いときもありますよね。

変なオトコにイヤな思いをさせられないで済むよう、身を守る術を身につけておきましょうっ。

【関連記事】

※ 彼のはどれ?「乗っている車でバレバレ」な男の本性チェック3つ

※ あなたの隣にも…!隠れた「恋愛依存男子」を見抜くポイント3つ

※ 旅先で恋に落ちやすい国…「浮気男」でも1位だったアノ国が二冠!

※ あぁん…もっとハッスル!? オトコが本音で「ヤりてぇ」コト3つ

※ 男が本気で愛している女性には「したくてたまらないアレ」2つ

【姉妹サイト】

※ 2位は白パンツ+パンプス「デートで女性に着てきてほしい服」1位は

※ 「何着たらいいかわかんない…」ファッションに迷ったら読むべき3冊

【画像】
bikeriderlondon / Shutterstock

 

出展http://woman.mynavi.jp/article/160523-142/

出展http://biz-journal.jp/2016/03/post_14055.html

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×
↓クリックで社会貢献↓