リオオリンピック閉会式

rio heikaisiki

全世界共通スポーツの祭典…!!あっという間に14日間が経ち終わってしましましたね…。

すべての人が一生懸命頑張った結果たくさんの感動、悲しみ、いろいろありましたが、結果面白かった…。という気持ちにさせられましたね!そして最後にサプライズで出てきたのが、安倍総理!マリオの格好で登場した安倍総理、全ての方の度肝を抜いたのではないでしょうか?

日本が過去最高のメダル獲得数を記録し、カンボジア代表の猫ひろし選手(WAHAHA本舗所属)も無事マラソンを完走したリオデジャネイロ・オリンピック。そのリオから2020年の東京へとつづく演出がなされたオリンピック閉会式で、安倍晋三内閣総理大臣がマリオに扮して登場するサプライズがありました。

閉会式ではますぞ小池百合子東京都知事が五輪のフラッグを受け取り、その後で東京をアピールするビデオ映像が流れました。そしてこの映像が、これまでよく日本をPRする際に使われてきた”和”や”侘び寂び”といったテーマはむしろ希薄で、いわゆるサブカル的コンテンツをふんだんに散りばめたものとなっていました。

映像序盤は都内各名所の夜景とオリンピック競技をコラボさせた映像が続きます。と思ったら唐突に翼くんと岬くんのツインシュートが決まり、さらにパックマンがカットイン、徐々にゲーム・アニメ系、キャラクターコンテンツの比率が高まっていく演出です。

曲調が変わったところで水泳の北島康介選手を皮切りに、国内では顔の通ったメダリストが数名、日の丸とみられる赤いボールを順々にパスで繋いでいく映像へと切り替わります。メダリストの傍らでは既出のキャラも見え隠れ。最後にボールを受け取ったのは現・内閣総理大臣 安倍晋三氏でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×