この地域について

開く/閉じる

梅田(キタ)は大阪駅周辺のエリアになります!北新地は高級クラブの飲屋街があります!堂山と新地で前々雰囲気は違いますが 梅田にもセクキャバ(2ショットキャババイト)はあります。

梅田は駅前に高層ビルが建ち並びまるで東京とかわらない都会ですね!!

そんな梅田に来るセクキャバへ来るお客さんの目的のタイプ分け

なぜお客さんはセクキャバに来るのでしょうか? 単にお酒を飲みたいということであれば、スナックやBAR、居酒屋などずっと安くて気軽に立ち寄れるところはたくさんあります。つまりセクキャバに来るお客さんはお酒を飲む以外の何かの目的を持って、お店に来ていると考えられます。
ゆえにお店に来るお客さんが何を目的とし、何を求めているのかを知らなければ彼らの心をことができないというわけです。その目的は大別すると下記の通りです。

①キャバ嬢を口説きたい
②セクキャバというお店で癒されたい
③女の子が成長する過程を見て楽しみたい
④セクキャバで楽しく飲んで、元気になりたい・癒されたい

①口説き落としたいという目的のタイプ
セクキャバに来るお客さんの多くはこのタイプだと言えるでしょう。このタイプの目的ははキャバ嬢を口説き落とすことですから、隙がありそうな、容易に口説けそうな女の子を指名していきます。
そして、どうやら口説けなさそうだと判断した時点で別の子を指名したり(指名替えと言います)通うお店自体を変えてしまうこともしばしばです。判断の早い人なら3回指名して脈が無さそうだと思ったら、それでもう諦めてしまいます。口説くことが目的のお客さんは約3ヶ月から半年程で循環していくことが大半です。

似たようなタイプとして、真剣な恋愛対象として女の子を見ている人もいます。ただ、接客する側からはその違いは分かりづらいものですし、基本的には口説き目的のタイプのお客さんと同じと考えて接客していくのが良いでしょう。

②セクキャバというお店で癒されたいタイプ
口説くことの次に多い目的が、家庭や仕事でのストレスを日常とは違う世界であるセクキャバという場所で癒されたいというものです。
このタイプは「身近な人間には言えない様々な愚痴を聞いてもらいたい」「普段は触れ合えない若い女の子と楽しく会話したい」というような気持ちを抱えています。
本気で口説き落とすつもりはありませんが、セクキャバという場所限定でのある種の擬似恋愛を楽しむことでストレスを解消するというタイプです。

③女の子が成長する過程を見て楽しみたい
セクキャバのお客さんとしては比較的少数派なタイプですが、長い期間お店に通う常連さんに多いタイプです。人気上位の女の子には必ずといって良いほどこのタイプの指名客が何人かついているものです。このタイプのお客さんは、女の子が頑張っている姿を見て、それを応援することに喜びを感じているようです。
指名する女の子が日々成長する過程を見るのが楽しみで、なおかつその成長に少なからず自分が貢献しているという部分に満足感を覚えおり、ある意味おせっかいなタイプとも言えます。比較的、社会的立場が高い人や年配者に多く見られる傾向があります。

④セクキャバで楽しく飲んで、元気になりたい・癒されたい
呑みの一次会(もしくは二次会)に普通の居酒屋で盛り上がった後、そのあとの店替えとしてセクキャバを利用する人は多いです。セクキャバで呑むのが純粋に好きで、普通の居酒屋とは違う元気や楽しみがもらえるというタイプです。友達同士や取引相手と一緒にお店に来るグループも多々見受けられます。会話とお酒を純粋に楽しんでくれるという面で見ると、お店にとって良いタイプのお客さんと言えるでしょう。

このタイプは少しづつ違う四つのタイプに分けられます。最初は口説く目的でお店に通っていたお客さんがだんだんと癒しを目的し始めるタイプ。癒しを目的として通ってはいるけれど、その中に少なからず女の子の成長を楽しみとしているタイプ。
逆に癒しや成長の過程を楽しみにしていたはずなのに「自分はこの女の子にこんなに尽くしたんだ」と考え始めて、口説き始めるようになるタイプ。始めはグループで来て純粋にその場を楽しんでいたけれど、通う内に一人の女の子にハマって口説き目的に変わっていくタイプの四つです。

男という生き物はわがままで、ある意味で純粋とも言える思考回路をしています。ですので初めから口説き目的なのか否かに関わらず、その日の時点でこの人は何を求めているのかを見極めるのが大切になってくるのです。それを見極めながら必要に応じた接客ができるのは一流と呼ばれるのに必要最低限の条件と言えるでしょう。

ただ、どんなお客さんを相手にしていても男性相手に接客しているということは念頭に置いておいた方が良いでしょう。どのタイプのお客であっても男である以上多かれ少なかれ「この子と付き合えないかな」という気持ちは持っているものです。
「癒し」や「成長」を目的としているお客さんもやはり例外ではありません。ただその下心を理性で抑え、性的な願望以外の喜びを見つけているだけなのです。
 

人気エリア>> 東京求人 新宿歌舞伎町求人 池袋求人 上野求人 五反田求人 港区六本木求人 求人横浜 川崎求人 埼玉求人 大宮求人 大阪求人 京都求人 名古屋求人 福岡セクキャバ求人 a href="http://fu-zoku.link/sekukyaba/sitemap.xml">セクキャバ求人サイトマップ/セクキャバ求人セクラブ/裏スタッフ日記/キャバ求人/セクキャバ バイト/サイトマップ/体験入店(体入) 風俗嬢の求人ホスラブ 人妻風俗店バイト 風俗出稼ぎするならどこが稼げる? AVプロダクションの募集情報 東京高級DC 風俗の手取り情報 横浜風俗バイト 福岡風俗バイト ホスラブ 爆サイ 2ちゃん スカウト 

梅田(キタ)は大阪駅周辺のエリアになります!北新地は高級クラブの飲屋街があります!堂山と新地で前々雰囲気は違いますが 梅田にもセクキャバ(2ショットキャババイト)はあります。

梅田は駅前に高層ビルが建ち並びまるで東京とかわらない都会ですね!!

そんな梅田に来るセクキャバへ来るお客さんの目的のタイプ分け

なぜお客さんはセクキャバに来るのでしょうか? 単にお酒を飲みたいということであれば、スナックやBAR、居酒屋などずっと安くて気軽に立ち寄れるところはたくさんあります。つまりセクキャバに来るお客さんはお酒を飲む以外の何かの目的を持って、お店に来ていると考えられます。
ゆえにお店に来るお客さんが何を目的とし、何を求めているのかを知らなければ彼らの心をことができないというわけです。その目的は大別すると下記の通りです。

①キャバ嬢を口説きたい
②セクキャバというお店で癒されたい
③女の子が成長する過程を見て楽しみたい
④セクキャバで楽しく飲んで、元気になりたい・癒されたい

①口説き落としたいという目的のタイプ
セクキャバに来るお客さんの多くはこのタイプだと言えるでしょう。このタイプの目的ははキャバ嬢を口説き落とすことですから、隙がありそうな、容易に口説けそうな女の子を指名していきます。
そして、どうやら口説けなさそうだと判断した時点で別の子を指名したり(指名替えと言います)通うお店自体を変えてしまうこともしばしばです。判断の早い人なら3回指名して脈が無さそうだと思ったら、それでもう諦めてしまいます。口説くことが目的のお客さんは約3ヶ月から半年程で循環していくことが大半です。

似たようなタイプとして、真剣な恋愛対象として女の子を見ている人もいます。ただ、接客する側からはその違いは分かりづらいものですし、基本的には口説き目的のタイプのお客さんと同じと考えて接客していくのが良いでしょう。

②セクキャバというお店で癒されたいタイプ
口説くことの次に多い目的が、家庭や仕事でのストレスを日常とは違う世界であるセクキャバという場所で癒されたいというものです。
このタイプは「身近な人間には言えない様々な愚痴を聞いてもらいたい」「普段は触れ合えない若い女の子と楽しく会話したい」というような気持ちを抱えています。
本気で口説き落とすつもりはありませんが、セクキャバという場所限定でのある種の擬似恋愛を楽しむことでストレスを解消するというタイプです。

③女の子が成長する過程を見て楽しみたい
セクキャバのお客さんとしては比較的少数派なタイプですが、長い期間お店に通う常連さんに多いタイプです。人気上位の女の子には必ずといって良いほどこのタイプの指名客が何人かついているものです。このタイプのお客さんは、女の子が頑張っている姿を見て、それを応援することに喜びを感じているようです。
指名する女の子が日々成長する過程を見るのが楽しみで、なおかつその成長に少なからず自分が貢献しているという部分に満足感を覚えおり、ある意味おせっかいなタイプとも言えます。比較的、社会的立場が高い人や年配者に多く見られる傾向があります。

④セクキャバで楽しく飲んで、元気になりたい・癒されたい
呑みの一次会(もしくは二次会)に普通の居酒屋で盛り上がった後、そのあとの店替えとしてセクキャバを利用する人は多いです。セクキャバで呑むのが純粋に好きで、普通の居酒屋とは違う元気や楽しみがもらえるというタイプです。友達同士や取引相手と一緒にお店に来るグループも多々見受けられます。会話とお酒を純粋に楽しんでくれるという面で見ると、お店にとって良いタイプのお客さんと言えるでしょう。

このタイプは少しづつ違う四つのタイプに分けられます。最初は口説く目的でお店に通っていたお客さんがだんだんと癒しを目的し始めるタイプ。癒しを目的として通ってはいるけれど、その中に少なからず女の子の成長を楽しみとしているタイプ。
逆に癒しや成長の過程を楽しみにしていたはずなのに「自分はこの女の子にこんなに尽くしたんだ」と考え始めて、口説き始めるようになるタイプ。始めはグループで来て純粋にその場を楽しんでいたけれど、通う内に一人の女の子にハマって口説き目的に変わっていくタイプの四つです。

男という生き物はわがままで、ある意味で純粋とも言える思考回路をしています。ですので初めから口説き目的なのか否かに関わらず、その日の時点でこの人は何を求めているのかを見極めるのが大切になってくるのです。それを見極めながら必要に応じた接客ができるのは一流と呼ばれるのに必要最低限の条件と言えるでしょう。

ただ、どんなお客さんを相手にしていても男性相手に接客しているということは念頭に置いておいた方が良いでしょう。どのタイプのお客であっても男である以上多かれ少なかれ「この子と付き合えないかな」という気持ちは持っているものです。
「癒し」や「成長」を目的としているお客さんもやはり例外ではありません。ただその下心を理性で抑え、性的な願望以外の喜びを見つけているだけなのです。
 

close Don't Show Again