この地域について

開く/閉じる

川越エリアのセクキャバで働きたい女性の為の求人ページです!
水商売で働くのに一番強い女性は男性の気持ちを操れる女性
実際に仕事しだすと、店からこういうことを言われます。「客に名刺渡して」「酒飲んでもらうように」と。ですが、これらってタイミングを見極めるのが大変ですよね。そのようなこと言われてもわからないよ。と思いますよね。
さて、営業の元はやっぱり名刺。セクキャバに慣れている客は、女性の名刺を数多く持っているんですよね。気持ち悪いくらい持っている人もいました、はぁ、あたしの名刺もこの中に入るんだね・・・と思いつつ渡した記憶があります。最初の頃は名刺を渡す時期がわからず、席につき、すぐに出すと嫌な顔をされました。がっついているように見えたんでしょうね。なので、ここでは自然な名刺の渡し方をお教えします。
始めに自分のことを紹介するのが大切です。その後に当たり障りのない話をしましょう。客は話の中でちょっとでも関心を持つと「名前何?」と聞いてくれます。この言葉が出たらがつがつ行きましょう。心では「やった」です。関心を持ったら名前を知りたいと思うことは皆さんそうですよね。そこで「忘れないでください」と可愛く言いながら名刺を渡すと効果抜群です。ですが、別の女性のヘルプで入った時はやめましょう。面倒なことになるので。
あと、電話番号を書いている人もいますが、あたしからしたらおすすめしないです。なぜかというと、全員に連絡先を教える尻の軽い人と思われてしまいます。さらに営業をしているという感じがします。このアドレスは仕事なんだよな・・・と思われてしまいます。セクキャバで仕事している人からすると、アドレスを教えるのは仕事だし、名刺の裏にアドレスを書くのは当然だと思います。ですが、男性からしたら”俺は特別“と思いたいです。営業されてると思いたくないです。
ですが、選んでもらうのには電話番号を教えないといけないです。あたしは「よければ連絡ください」と、その場から離れるときにそこでペンで書いて渡しました。このようにすると前もって書く人よりもいいイメージを持たれます。あなたにだけ教えますという空気になります。「あなたことを詳しく知りたいです」や「面白かったから、また会いたいな」というとさらにいいです。重点に置くことは、さらに親しくなりたいことをわかってもらうのが大切です。そこで、自分のアドレスを言うだけでなく、客の連絡先も聞くことが重要です。自分の連絡先だけだと、向こうは忘れてしまいます。
このように細かな部分まで気を付けることで、選んでくれるようになります。
次に、店に売り上げに関わるお酒です。酒を注文することは女性の給料に反映するときとしないときがあるのですが、店の売り上げに関わるのは一緒です。店の人からの評価に関わります。店に貢献する人は店員から好かれるので、自分から酒をねだるのが重要です。店員と親しくなるかは、「良い客」を付けてくれるかです。これを言っていいのかわからないですが、金持ちで優しい客につけてもらえる女性は、店員と仲良くなっていると思います。
ねだるタイミングは、話が盛り上がるときに「なんか飲みたいなぁ」というと、客は注文してくれます。「だったら、何か飲みなよ」みたいに。ですが、毎回楽しくなるわけではないです。その時は「すみません。何も飲み物飲んでないです。だけどあたしのモノは飲むわけにはいかなくて」と、困り顔で言うと、高い確率で注文してくれます。飲み物飲みたくなくても、困っている顔をしましょう。慣れるとタイミングはわかるので、初めはこのようにねだりましょう。
ここでは名刺と酒について述べました。参考に出来るかわからないですが、「男性の気持ちがわからない」という人は、やってみましょう。

人気エリア>> 東京求人 新宿歌舞伎町求人 池袋求人 上野求人 五反田求人 港区六本木求人 求人横浜 川崎求人 埼玉求人 大宮求人 大阪求人 京都求人 名古屋求人 福岡セクキャバ求人 a href="http://fu-zoku.link/sekukyaba/sitemap.xml">セクキャバ求人サイトマップ/セクキャバ求人セクラブ/裏スタッフ日記/キャバ求人/セクキャバ バイト/サイトマップ/体験入店(体入) 風俗嬢の求人ホスラブ 人妻風俗店バイト 風俗出稼ぎするならどこが稼げる? AVプロダクションの募集情報 東京高級DC 風俗の手取り情報 横浜風俗バイト 福岡風俗バイト ホスラブ 爆サイ 2ちゃん スカウト 

川越エリアのセクキャバで働きたい女性の為の求人ページです!
水商売で働くのに一番強い女性は男性の気持ちを操れる女性
実際に仕事しだすと、店からこういうことを言われます。「客に名刺渡して」「酒飲んでもらうように」と。ですが、これらってタイミングを見極めるのが大変ですよね。そのようなこと言われてもわからないよ。と思いますよね。
さて、営業の元はやっぱり名刺。セクキャバに慣れている客は、女性の名刺を数多く持っているんですよね。気持ち悪いくらい持っている人もいました、はぁ、あたしの名刺もこの中に入るんだね・・・と思いつつ渡した記憶があります。最初の頃は名刺を渡す時期がわからず、席につき、すぐに出すと嫌な顔をされました。がっついているように見えたんでしょうね。なので、ここでは自然な名刺の渡し方をお教えします。
始めに自分のことを紹介するのが大切です。その後に当たり障りのない話をしましょう。客は話の中でちょっとでも関心を持つと「名前何?」と聞いてくれます。この言葉が出たらがつがつ行きましょう。心では「やった」です。関心を持ったら名前を知りたいと思うことは皆さんそうですよね。そこで「忘れないでください」と可愛く言いながら名刺を渡すと効果抜群です。ですが、別の女性のヘルプで入った時はやめましょう。面倒なことになるので。
あと、電話番号を書いている人もいますが、あたしからしたらおすすめしないです。なぜかというと、全員に連絡先を教える尻の軽い人と思われてしまいます。さらに営業をしているという感じがします。このアドレスは仕事なんだよな・・・と思われてしまいます。セクキャバで仕事している人からすると、アドレスを教えるのは仕事だし、名刺の裏にアドレスを書くのは当然だと思います。ですが、男性からしたら”俺は特別“と思いたいです。営業されてると思いたくないです。
ですが、選んでもらうのには電話番号を教えないといけないです。あたしは「よければ連絡ください」と、その場から離れるときにそこでペンで書いて渡しました。このようにすると前もって書く人よりもいいイメージを持たれます。あなたにだけ教えますという空気になります。「あなたことを詳しく知りたいです」や「面白かったから、また会いたいな」というとさらにいいです。重点に置くことは、さらに親しくなりたいことをわかってもらうのが大切です。そこで、自分のアドレスを言うだけでなく、客の連絡先も聞くことが重要です。自分の連絡先だけだと、向こうは忘れてしまいます。
このように細かな部分まで気を付けることで、選んでくれるようになります。
次に、店に売り上げに関わるお酒です。酒を注文することは女性の給料に反映するときとしないときがあるのですが、店の売り上げに関わるのは一緒です。店の人からの評価に関わります。店に貢献する人は店員から好かれるので、自分から酒をねだるのが重要です。店員と親しくなるかは、「良い客」を付けてくれるかです。これを言っていいのかわからないですが、金持ちで優しい客につけてもらえる女性は、店員と仲良くなっていると思います。
ねだるタイミングは、話が盛り上がるときに「なんか飲みたいなぁ」というと、客は注文してくれます。「だったら、何か飲みなよ」みたいに。ですが、毎回楽しくなるわけではないです。その時は「すみません。何も飲み物飲んでないです。だけどあたしのモノは飲むわけにはいかなくて」と、困り顔で言うと、高い確率で注文してくれます。飲み物飲みたくなくても、困っている顔をしましょう。慣れるとタイミングはわかるので、初めはこのようにねだりましょう。
ここでは名刺と酒について述べました。参考に出来るかわからないですが、「男性の気持ちがわからない」という人は、やってみましょう。

セクキャバ求人お仕事相談カウンター
セクジョブお仕事相談カウンター
close Don't Show Again