この地域について

開く/閉じる

難波(ミナミ)といえば大阪の中心繁華街宗右衛門町がありますね ミナミは心斎橋駅 難波駅などの周辺のエリアをさします 大阪ミナミではセクキャバ(2キャバ)も女性を大募集しております

お客さんの求めるセクキャバ嬢の見分け方

セクキャバへ来るお客さんで、この人はどんな人なのだろうというのを最初から見分けるのはとても難しいことです。やはり指名をもらい、何度か接客していくうちにその人について学んでいくのが基本的な接客方法となります。
ただ指名をもらうためには、フリーで着いた際にある程度お客さんのタイプを見極め、その人に合った接客をするのが重要だというのもまた事実です。そこで最初の接客のときに外見や会話の内容から、大まかなタイプ分けできるようになるためのポイントを説明したいと思います。注目するべき点は下記の4点です。

①お客さんの歳
②既婚なのか独身なのか。また、子供がいるのか
③グループで来店しているか、一人で来店しているか
④社会的な立場(経営者、平のサラリーマン、中間管理職など)

①お客さんの歳
20~30代の若い年齢層のお客さんは、口説き目的でお店に来ていることが多い傾向があります。まだ遊び慣れていない人も多いのでしょうが「セクキャバ=女の子を口説くところ」と思っている人が多いようです。

そこから上の40代までのお客さんはそれぞれの社会的・仕事上の立場にもよりますが、セクキャバに来ることで癒されたいと考えている人が多数です。と言うよりもこの年代になると「女の子と年齢が離れすぎて、この歳じゃ若い子を口説き落とすのは無理に違いない」と考えているというのが正しいところかもしれません。

更に、50代以上の方の中には「若者と会話することで、元気や活力を充電できるから」という目的で来るお客さんが多く見受けられます。ただ、40・50代の中にも口説き目的で来店している人も大勢います。このくらいの年代になると口説くことにも慣れ、多くのテクニックを持っている人も多いようです。
女の子も「こんなに年齢が離れていたら口説かれることもないだろう」と安心して、ついついお客さんのペースに乗せられてしまうこともあります。ゆえに、年上の世代こそ実は最も注意しなければならない年代とも言えるのです。

②既婚なのか独身なのか。また、子供がいるのか
①の年齢の項でも書きましたが、20~30代前半のお客さんには独身の方も多く、そのうち8割程度は口説き目的で来店している傾向があります。それより上の年代でも、独身のお客さんの多くは、あわよくば女の子を口説けないものかと考えている人が多いと思われます。

逆に低い年齢層のお客さんでも、既婚であれば「癒し」や「いつもと違う世界でのリフレッシュ」を求めてセクキャバに来る人もかなり多く見受けられます。
「癒し」を求めてという側面から見ると一番難しいのは30代後半・40代でかつ妻帯者というお客さんです。一般的に仕事が一番やっかいな年代ですし、家庭内でも色々な問題がある時期です。それゆえにこの年代のお客さんの中には「癒し」を求めて来店する人が多いと考えられます。

しかし、既婚者の中にも本気で口説くために来店するお客さんもいます。そのような人は独身の口説き目的のお客さん以上に要注意です。
また、年齢が上にいくほど「浮気している」という罪悪感もなく単純に口説きのプロセスを楽しみたいというお客さんが多数存在します。

③グループで来店しているか、一人で来店しているか
一人でセクキャバに来て、かつフリーで入るお客さんは大体にして遊び慣れているお客さんと言うことができます。あるいは以前にその店舗で指名を続けていた女の子が仕事を辞めてしまい、次に指名する女の子を探している途中のお客さんです。

一つ目のパターンのお客さんはまず間違いなく口説くことを目的としていると考えても良いでしょう。なぜなら、「癒し」を目的としているならば初めて会った女の子と話していても、その目的は果たされることは無いからです。
二つ目のパターンの場合はその店舗自体が気に入っており、お店に来ることそれ自体が「癒し」の手段となっているという人が多いようです。

ちなみにですが、口説くことを目的としたお客さんは、狙っていた女の子が辞めるとしばらくの間お店を変えることが通例です。なぜならば狙っていた以外の女の子も、そのお客さんが誰を口説いていたのかを認識しているので、同じお店では他の女の子を口説きにくくなってしまうからです。言うならば、口説きの冷却期間を置いているということでしょうか。

一方、複数人で来ているお客さんはそのグループがどんな集団なのかによって状況が大きく変わってきます。更に言えばグループに上下関係があるのか、もしくは全員が対等な関係なのかということが関わってきます。
例えば上下関係のあるグループであれば「部下と上司」「接待相手と接待する側」などが考えられますが、いずれにしても下の人は、上の立場の人に気を使いながらお店にいることになります。
そのためグループの幾人かは本気で女の子を口説くことはせず、その場で楽しめる女の子と話せれば良しとする場合が多いようです。

ただ、上下関係があるグループでも学校の先輩・後輩程度の間柄のお客さんは例外と言えるでしょう。友達同士のように料金をワリカンにしてくるようなグループは、その場のノリで来ていることが多いからです。ゆえにその場で楽しめれば良しという「癒し」タイプor遊びたいタイプと、互いが口説くことで競争しようとする二つのパターンに分けられます。

④社会的な立場(経営者、平のサラリーマン、中間管理職など)
■経営者
経営者は遊ぶ上でも社会勉強をするような傾向があります。経営者にとって、セクキャバという場所はとても勉強になるようです。集客や企画力、女の子やボーイの接客に関して、人事に関して等々勉強になることが多々あります。そのため、自ら経営に携わっているお客さんはその店舗自体のファンになってしまう場合が多いようです。

更に、経営者のお客さんのケースとして多いのが、そのお店で働いている女の子を応援したくなるというものです。
ただ最近急に大金が手に入ったような経営者は、お金の力で女の子を口説こうとすることが多いようです。とくにまだ若い経営者によく見られるタイプです。

苦労して今の地位を手に入れた人はあまり派手な格好はせず、お金のかかるブランド品もさりげなく身につけているものです。一方、上記したお金の力で女の子を口説こうとする人は、服装も装飾品も派手でわざとらしく異性の目を引くような格好をしていることが特徴的です。

■平のサラリーマン
管理職についていない平のサラリーマンは口説き目的と、頑張って働いている女の子を見て自分も元気づけられようとする二つのタイプに分けられます。後者のタイプには気が弱く比較的おとなしめのお客さんが多く見られます。人生に迷いを持っているタイプとも言えるでしょうか。
そして意外なことにお店で人気の高い女の子や、負けず嫌いな子にはこのタイプのお客さんからの指名が多いものです。

■中間管理職
中間管理職についているお客さんの多くは「癒し」を求めています。仕事上、上司からは叩かれ、部下からは突き上げを食らい、他の立場の人間に比べてストレスが溜まりやすいポジションだからです。その中でも明るい性格の人は、飲んで遊ぶことでストレスを発散します。一方、おとなしめの性格の人は、女の子と楽しい会話をしたり、自分の愚痴を話すことで「癒し」を求めてきます。

大まかなタイプ分けは上記の通りですが、これはあくまでも一般例です。実際にお店に立ってお客さんと話してみなければ分からないことはたくさんあります。働いて経験を重ねるうちに、徐々にその人がどのタイプで何を求めているのかを見分けられるようになることでしょう。

口説き落とすことを目的とするお客さんへの接客方法

セクキャバへ来る大多数のお客さんの目的はやはり女の子を口説き落とすことです。この目的のお客さんは年齢を問わず、若い人から年配の方まで様々な人がいます。あくまで一般論ですが、若い人の場合は女の子と恋愛関係に入ってから目的を達成しようとする傾向があります。

口説き方の別パターンとしてプレゼントやお金で解決しようとする人も多々存在します。特に年配の人や若い年代のお客さんでも、いわゆるお金持ちの遊び人はその方法に頼ろうとする傾向が高いようです。もちろん人それぞれですが、フリーでついてから指名をもらうためにはこのタイプへの営業はかなり有効です。一番相手をしやすいタイプだと言うことができるでしょう。

フリーで接客する際のコツ
フリーでついて接客する際のコツで一番に挙げられるものとして「スキを見せる」というものがあります。これは口説こうとするタイプのお客さんから指名をもらい続けるための絶対条件と言っても良いかもしれません。
ここでの「スキ」とはいわゆる『お客さんから見て性に奔放・解放的に思える』という意味です。楽しい会話の中にも適度に性的な刺激があったり、お店で話す以上に親しくなれるんじゃないだろうか、あわよくば自分でも口説けるんじゃないだろうかとお客さんが期待できる存在ということです。

男性から見てそのような存在に思われがちな女性のタイプにはいくつか共通点があります。例えば、「何気ないボディータッチをしてくる」「自分に対して甘えるような喋り方をする」「自分がリードしてあげないと、何も分かってないんじゃないか・困るんじゃないかという雰囲気を醸し出す」「自分が振った下ネタにノリ良く対応してくれる(もしくは彼女の方から振ってきてくれる)」「性経験が多いように感じられる」などが代表的なものです。

上記のようなポイントを押さえた女の子がきらびやかなブラウスやドレスに身を包み、潤んだ瞳で見つめてきただけで、すぐに指名を入れてしまいたくなるフリーの男性客は多いものです。最初にフリーで担当する時間は大体15分程度だと思いますが、その短い時間内でこの中の「スキ」をいくつか見せておけば、その日の指名にはつながらなくても今後の来店の際に指名してくれることが期待できます。

また、「スキ」を見せることのもうワンステップ上の手法として「とっておきの殺し文句」を用意しておくことも重要でしょう。自分のキャラやお客さんのタイプによっても言うセリフは変える必要があるでしょうから、相手やその場の雰囲気に合わせられる殺し文句をいくつか用意しておくことが大切です。
以下に殺し文句の例をいくつか記載しておきます。

『(お客さんの名前)さんって素敵ですね』
『(お客さんの名前)さんって仕事ができそうですね(賢そうですね)』
『(お客さんの名前)さんって女の子にモテるんじゃないですか?』
『ここだけの話なんですけど(お客さんの名前)さんって私のタイプかもしれません』
『(お客さんの名前)さんだと何だか自然に話せる気がします』
『(お客さんの名前)さんと話してるのが楽しくて、仕事だってことを忘れちゃいます』
『最近気の合わないお客さんばっかりだったから、(お客さんの名前)さんにつけて良かったです』

など、文章で読むとわざとらしくてクサいようなセリフばかりですが、実際に別れ際こんなことを言われると以外に男性は弱いものです。上記の例文を参考にして自分のキャラに合ったオリジナルの殺し文句を何個か用意してみましょう。きっと新規のお客さんに対する大きな武器となってくれることと思います。
ただ、次の来店時ではなくどうしてもその日の内に指名をもらいたいという場合は、一か八かの勝負に出るべきでしょう。口説くことを目的としたお客さんであれば、多少自分の好みとは違う女の子でも「この感じなら今日、口説けそうだ」と思い指名してくれることも少なくないからです。

指名された後の接客のコツ
さて、あなたは無事にお客さんから指名をもらえました。しかし、口説くことを目的としたお客さんの場合、本当に大変なのはそこからなのです。彼らの目的の最終段階は「口説き落とすこと」なので、「どうもこの子は落ちそうにないな」と感じた時点で指名してくれなくなってしまうものだからです。

当たり前のことかもしれませんが最初の数回接客するだけでは、口説き目的のお客さんの考えを変えるのは不可能です。では、目的を変えるために接客する回数を増やすためにはどうすれば良いのでしょうか?
そのためには初めのうち「色恋」でお客さんを繋ぎとめつつ「色恋」以外の関係を深めるための時間を稼ぐ必要があるでしょう。いわゆる「落ちそうで落とせない」という状態を作り出すわけです。経験とテクニックが必要になるとは思いますがこの「色恋営業」はセクキャバの世界では王道の手段です。

しかし「色恋営業」はあくまでも時間を稼ぐための手段だということを忘れてはいけません。こちらの最終目標はお客さんが口説き目的でなく自分を指名してくれるようになることなのです。そのためには接客する中で様々な手法を用いながら営業する必要があります。具体的なテクニックとしては下記に挙げるようなものを試してみましょう。

・恋愛対象としての関係の中でも、相手を尊敬できる相手という立場に持ち上げる
・今後10年単位で長く付き合っていきたいという雰囲気を醸し出す
・セクキャバという仕事の中での愚痴を話したり、悩みを持ちかけたりする
・自分の持っている将来の目標や夢を話す
・幅広いジャンルの映画や本に触れておき、その内容に関して自分の意見を話してみる
・明るい性格で会話するのが大好きというお客さんであれば、来店のたびに楽しい話で目一杯盛り上げる

つまり口説くことを目的としたお客さんに「口説けないけど、この子と話してると癒される」「恋愛関係にならなくても話してるだけで楽しい」や、「全力で頑張っているこの子を応援したい!」と思ってもらう方向に移行していくように誘導するわけです。この誘導の時間かせぎのためには上記した「落ちそうで落とせない関係」を作ることが不可欠です。もしそういった関係を作る前に簡単にお客さんの目的を叶えてしまうようなら、一流のキャバ嬢になるのは難しいでしょう。

勝負の口説きをしてきたお客さんへの対応のコツ
口説くことを目的としたお客さんは、しばらく期間が経過すると勝負をかけてくることがあります。その期間はそれぞれの性格や遊び慣れの度合いでも異なりますが、早い人で2、3回目の同伴やアフターの際に勝負してくる人もいます。

2、3回目という例外を別とすれば、一般的には約3ヶ月、長くても半年程度で勝負に出るお客さんが多いようです。さて、ここで考えるべきなのはお客さんがそのときどのような気持ちで勝負してきているかという点です。多くのお客さんは、以下の3パターンに当てはまると思われます。

①今日勝負をしてダメなようなら、また改めて作戦を練り直そう
②今日勝負してダメなら他の女の子を指名しよう
③今日勝負してダメなら別店舗の女の子を探そう

①の場合は次回また口説いてきてくれるように誘導することで時間を稼ぐことができるでしょう。②のパターンはどんなに太っ腹で稼がせてくれる人であっても諦めるしかないでしょう。③の場合は他の二つとは少し状況が異なります。これは口説く相手は別の場所で探すけれど、この子は気に入っているから癒し・リフレッシュできる友達としてキープしておこうというお客さんが考えているということです。今までよりも来店回数は減ってしまうとは思いますが、それ以降の接客の仕方次第では変わらず良い関係を築いていくことができるでしょう。つまり、こちらからすると③のパターンに行き着いてくれるのが理想的だと言えます。

簡単に説明してしまうと以上のようになりますが、実際にそのお客さんがどう考えて口説いているかは分かりません。どのパターンなのかを考えることは大切ですが、口説くことを目的としたお客さんはそのうち来なくなるものなのです。長くて半年、通例なら3ヶ月程度で来なくなるんだと割り切ってしまうのが無難なところでしょう。

「そうは言ってもこのお客が来なくなると痛い」と考えるかもしれません。ただ、少し冷静に状況を分析してみましょう。そのお客さんが来ることであなたの稼ぎになっているのはどのくらいでしょうか? その人が来店したときと来なかったときの収入を比較すれば、そのお客さんによる稼ぎを算出することはできるでしょう。もちろん一般論では語れませんが、おそらく一ヶ月で10~15万程度の違いではないでしょうか。

そう見ると大きな痛手のように思えるかもしれませんが、特定の男性の口説きに対応することによるロスは意外に大きいものなのです。その人以外のお客さんのために割ける時間も減ってしまいますし、精神的な負担も大きくなってきます。更にひどい場合には、相手の男性が独占しようとしてきたり、何か悪い噂を流すようになったりするかもしれません。

そうなると結局のところ、その人にこだわることによる損失の方が大きいと言えるのではないでしょうか。よって「一人来なくなったら、また新しい常連客を作るしかない」という割り切った考え方で仕事に臨む方が良いのかもしれません。
そう思っておけばお客さんが勝負の口説きをしてきたときに、①(また機会を改めよう)や③(口説く相手は別の相手を探そう)のパターンを前提として、口説きに対応することができるはずです。

セクキャバというお店で癒されたいお客さんへの接客のコツ
セクキャバで癒されたいタイプのお客さんの多くは、セクキャバというところがどういう場所なのかを熟知しています。つまり、人気の高い素敵な女の子ほど口説き落とすのは難しいという事実を分かっているのです。

セクキャバに初めて来るお客さんのほとんどの男性は、セクキャバを「女の子を口説くためのところ」を考えています。上司や取引相手に無理矢理、誘われた新婚の人やセクキャバ遊びを一つのステータスもしくは経験のためにと来た人以外の多くは、「可愛い女の子を口説くぞ!」と思って来店してきているものです。そしてその中のほとんどが目的を達せず「やっぱりセクキャバで働いている女の子を口説き落とすのは難しい」という結論に到るのです。

通常ならその結論に到った段階でセクキャバに通うのはやめてしまうのでしょうが、なぜかまたお店に足を運んでしまい、また返り討ちに合ってしまうというのがセクキャバの不思議なところです。それは擬似恋愛ができる空間であるということと、セクキャバで過ごす時間が日常のストレスを解消してくれることが多々あるからです。
さらに、セクキャバで素敵な・キレイな女の子と盛り上がれること、それ自体に喜びを覚えるようになっていくからです。こういうお客さんは「癒し」を求めてセクキャバに来ているタイプと考えることができます。

フリーでついたときの接客方法
基本的には最初から癒し目的でセクキャバに来るお客さんはかなり少数です。初めは女の子を口説こうと思って通っているうちに、いつの間にか癒しが目的になっているということお客さんがほとんどなのです。

ゆえにフリーでついた際は「お客さんは口説き目的で来ている」と考えながら、お客さんの性格に合わせて明るく楽しむ、もしくは落ち着いた会話をしていくという接客が良いでしょう。何はともあれ、まずは次回以降の指名をしてもらえなければいけません。そのためこの女の子なら口説き落とせそうな気がするとお客さんに思わせておいて、次回以降「癒し」を楽しんでもらうように誘導していくのが一般的な方法です。

ただし一見するだけで、明らかに「癒し」を目的としているように思えるお客さんもいます。そういったお客さんにセクキャバに通っている年数を尋ねてみましょう。セクキャバ歴の長い人の中には「癒し」目的の人が多いものなのです。そういったお客さんには一発目から癒し目的で接客してみるのも良いでしょう。例えば、最初の来店から癒しを目的とするお客さんにウケやすいのは以下のようなキャラクターです。

①天真爛漫、元気で活発
②明るくてとにかく場を盛り上げてくれる
③ほんわかした天然キャラ
④あまり重苦しくない話題で、肩肘張らない会話のキャッチボールが楽しめる
⑤お客さんの話を無理なく引き出す聞き上手

要するにお客さんが無理しなくても良い女の子のことです。「癒し」目的のお客さんとしては「もしかして口説けるかも。でも別に口説けなくても話してるのが楽しいから良いや」と思って指名することが多いようです。

指名をされてからの接客方法
「癒し」を目的とするお客さんに指名をもらってからは、時間をかけて少しずつあなたの持つ癒しの世界にハマってもらうのが一番の近道です。この癒しの世界に一度ハマってくれたお客さんはある種の中毒にかかります。

長くセクキャバ遊びを続ける人の多くはこの「癒し」の世界に魅了された人々です。そういうお客さんに「落ち込んだり、仕事や人間関係での悩みを抱えてしまったけどお店に行ってあの子に会えば元気が出る!」と思ってもらえればベストの関係性と言えるでしょう。

そのためにはお客さんの置かれている生活環境を知り、それに合わせた接客をするのが重要不可欠です。簡単に「癒し目的」とまとめてはいますが、お客さんが癒しを感じるパターンは人それぞれです。甘い会話やゆったりとした穏やかな空気感に癒されるセラピー的なものを求めている人。とにかくギャグやくだらない会話をすることで、その場がとにかく盛り上がることでストレス発散になるという人。または、身内や近しい人には決して言えない愚痴を話せる場所に癒される人など、お客さんが求めるものは様々です。

お客さんの性格・仕事上の立場・家庭環境で多様に変わるのでそれを見極めるのは難しいこととは思いますが、お客さんのパーソナルデータを理解したうえで接客するのとしないのでは大きく差がつくことと思います。会話の中からそういったお客さんの情報を聞き出すのもキャバ嬢の大きなテクニックなのです。

人気エリア>> 東京求人 新宿歌舞伎町求人 池袋求人 上野求人 五反田求人 港区六本木求人 求人横浜 川崎求人 埼玉求人 大宮求人 大阪求人 京都求人 名古屋求人 福岡セクキャバ求人 a href="http://fu-zoku.link/sekukyaba/sitemap.xml">セクキャバ求人サイトマップ/セクキャバ求人セクラブ/裏スタッフ日記/キャバ求人/セクキャバ バイト/サイトマップ/体験入店(体入) 風俗嬢の求人ホスラブ 人妻風俗店バイト 風俗出稼ぎするならどこが稼げる? AVプロダクションの募集情報 東京高級DC 風俗の手取り情報 横浜風俗バイト 福岡風俗バイト ホスラブ 爆サイ 2ちゃん スカウト 

難波(ミナミ)といえば大阪の中心繁華街宗右衛門町がありますね ミナミは心斎橋駅 難波駅などの周辺のエリアをさします 大阪ミナミではセクキャバ(2キャバ)も女性を大募集しております

お客さんの求めるセクキャバ嬢の見分け方

セクキャバへ来るお客さんで、この人はどんな人なのだろうというのを最初から見分けるのはとても難しいことです。やはり指名をもらい、何度か接客していくうちにその人について学んでいくのが基本的な接客方法となります。
ただ指名をもらうためには、フリーで着いた際にある程度お客さんのタイプを見極め、その人に合った接客をするのが重要だというのもまた事実です。そこで最初の接客のときに外見や会話の内容から、大まかなタイプ分けできるようになるためのポイントを説明したいと思います。注目するべき点は下記の4点です。

①お客さんの歳
②既婚なのか独身なのか。また、子供がいるのか
③グループで来店しているか、一人で来店しているか
④社会的な立場(経営者、平のサラリーマン、中間管理職など)

①お客さんの歳
20~30代の若い年齢層のお客さんは、口説き目的でお店に来ていることが多い傾向があります。まだ遊び慣れていない人も多いのでしょうが「セクキャバ=女の子を口説くところ」と思っている人が多いようです。

そこから上の40代までのお客さんはそれぞれの社会的・仕事上の立場にもよりますが、セクキャバに来ることで癒されたいと考えている人が多数です。と言うよりもこの年代になると「女の子と年齢が離れすぎて、この歳じゃ若い子を口説き落とすのは無理に違いない」と考えているというのが正しいところかもしれません。

更に、50代以上の方の中には「若者と会話することで、元気や活力を充電できるから」という目的で来るお客さんが多く見受けられます。ただ、40・50代の中にも口説き目的で来店している人も大勢います。このくらいの年代になると口説くことにも慣れ、多くのテクニックを持っている人も多いようです。
女の子も「こんなに年齢が離れていたら口説かれることもないだろう」と安心して、ついついお客さんのペースに乗せられてしまうこともあります。ゆえに、年上の世代こそ実は最も注意しなければならない年代とも言えるのです。

②既婚なのか独身なのか。また、子供がいるのか
①の年齢の項でも書きましたが、20~30代前半のお客さんには独身の方も多く、そのうち8割程度は口説き目的で来店している傾向があります。それより上の年代でも、独身のお客さんの多くは、あわよくば女の子を口説けないものかと考えている人が多いと思われます。

逆に低い年齢層のお客さんでも、既婚であれば「癒し」や「いつもと違う世界でのリフレッシュ」を求めてセクキャバに来る人もかなり多く見受けられます。
「癒し」を求めてという側面から見ると一番難しいのは30代後半・40代でかつ妻帯者というお客さんです。一般的に仕事が一番やっかいな年代ですし、家庭内でも色々な問題がある時期です。それゆえにこの年代のお客さんの中には「癒し」を求めて来店する人が多いと考えられます。

しかし、既婚者の中にも本気で口説くために来店するお客さんもいます。そのような人は独身の口説き目的のお客さん以上に要注意です。
また、年齢が上にいくほど「浮気している」という罪悪感もなく単純に口説きのプロセスを楽しみたいというお客さんが多数存在します。

③グループで来店しているか、一人で来店しているか
一人でセクキャバに来て、かつフリーで入るお客さんは大体にして遊び慣れているお客さんと言うことができます。あるいは以前にその店舗で指名を続けていた女の子が仕事を辞めてしまい、次に指名する女の子を探している途中のお客さんです。

一つ目のパターンのお客さんはまず間違いなく口説くことを目的としていると考えても良いでしょう。なぜなら、「癒し」を目的としているならば初めて会った女の子と話していても、その目的は果たされることは無いからです。
二つ目のパターンの場合はその店舗自体が気に入っており、お店に来ることそれ自体が「癒し」の手段となっているという人が多いようです。

ちなみにですが、口説くことを目的としたお客さんは、狙っていた女の子が辞めるとしばらくの間お店を変えることが通例です。なぜならば狙っていた以外の女の子も、そのお客さんが誰を口説いていたのかを認識しているので、同じお店では他の女の子を口説きにくくなってしまうからです。言うならば、口説きの冷却期間を置いているということでしょうか。

一方、複数人で来ているお客さんはそのグループがどんな集団なのかによって状況が大きく変わってきます。更に言えばグループに上下関係があるのか、もしくは全員が対等な関係なのかということが関わってきます。
例えば上下関係のあるグループであれば「部下と上司」「接待相手と接待する側」などが考えられますが、いずれにしても下の人は、上の立場の人に気を使いながらお店にいることになります。
そのためグループの幾人かは本気で女の子を口説くことはせず、その場で楽しめる女の子と話せれば良しとする場合が多いようです。

ただ、上下関係があるグループでも学校の先輩・後輩程度の間柄のお客さんは例外と言えるでしょう。友達同士のように料金をワリカンにしてくるようなグループは、その場のノリで来ていることが多いからです。ゆえにその場で楽しめれば良しという「癒し」タイプor遊びたいタイプと、互いが口説くことで競争しようとする二つのパターンに分けられます。

④社会的な立場(経営者、平のサラリーマン、中間管理職など)
■経営者
経営者は遊ぶ上でも社会勉強をするような傾向があります。経営者にとって、セクキャバという場所はとても勉強になるようです。集客や企画力、女の子やボーイの接客に関して、人事に関して等々勉強になることが多々あります。そのため、自ら経営に携わっているお客さんはその店舗自体のファンになってしまう場合が多いようです。

更に、経営者のお客さんのケースとして多いのが、そのお店で働いている女の子を応援したくなるというものです。
ただ最近急に大金が手に入ったような経営者は、お金の力で女の子を口説こうとすることが多いようです。とくにまだ若い経営者によく見られるタイプです。

苦労して今の地位を手に入れた人はあまり派手な格好はせず、お金のかかるブランド品もさりげなく身につけているものです。一方、上記したお金の力で女の子を口説こうとする人は、服装も装飾品も派手でわざとらしく異性の目を引くような格好をしていることが特徴的です。

■平のサラリーマン
管理職についていない平のサラリーマンは口説き目的と、頑張って働いている女の子を見て自分も元気づけられようとする二つのタイプに分けられます。後者のタイプには気が弱く比較的おとなしめのお客さんが多く見られます。人生に迷いを持っているタイプとも言えるでしょうか。
そして意外なことにお店で人気の高い女の子や、負けず嫌いな子にはこのタイプのお客さんからの指名が多いものです。

■中間管理職
中間管理職についているお客さんの多くは「癒し」を求めています。仕事上、上司からは叩かれ、部下からは突き上げを食らい、他の立場の人間に比べてストレスが溜まりやすいポジションだからです。その中でも明るい性格の人は、飲んで遊ぶことでストレスを発散します。一方、おとなしめの性格の人は、女の子と楽しい会話をしたり、自分の愚痴を話すことで「癒し」を求めてきます。

大まかなタイプ分けは上記の通りですが、これはあくまでも一般例です。実際にお店に立ってお客さんと話してみなければ分からないことはたくさんあります。働いて経験を重ねるうちに、徐々にその人がどのタイプで何を求めているのかを見分けられるようになることでしょう。

口説き落とすことを目的とするお客さんへの接客方法

セクキャバへ来る大多数のお客さんの目的はやはり女の子を口説き落とすことです。この目的のお客さんは年齢を問わず、若い人から年配の方まで様々な人がいます。あくまで一般論ですが、若い人の場合は女の子と恋愛関係に入ってから目的を達成しようとする傾向があります。

口説き方の別パターンとしてプレゼントやお金で解決しようとする人も多々存在します。特に年配の人や若い年代のお客さんでも、いわゆるお金持ちの遊び人はその方法に頼ろうとする傾向が高いようです。もちろん人それぞれですが、フリーでついてから指名をもらうためにはこのタイプへの営業はかなり有効です。一番相手をしやすいタイプだと言うことができるでしょう。

フリーで接客する際のコツ
フリーでついて接客する際のコツで一番に挙げられるものとして「スキを見せる」というものがあります。これは口説こうとするタイプのお客さんから指名をもらい続けるための絶対条件と言っても良いかもしれません。
ここでの「スキ」とはいわゆる『お客さんから見て性に奔放・解放的に思える』という意味です。楽しい会話の中にも適度に性的な刺激があったり、お店で話す以上に親しくなれるんじゃないだろうか、あわよくば自分でも口説けるんじゃないだろうかとお客さんが期待できる存在ということです。

男性から見てそのような存在に思われがちな女性のタイプにはいくつか共通点があります。例えば、「何気ないボディータッチをしてくる」「自分に対して甘えるような喋り方をする」「自分がリードしてあげないと、何も分かってないんじゃないか・困るんじゃないかという雰囲気を醸し出す」「自分が振った下ネタにノリ良く対応してくれる(もしくは彼女の方から振ってきてくれる)」「性経験が多いように感じられる」などが代表的なものです。

上記のようなポイントを押さえた女の子がきらびやかなブラウスやドレスに身を包み、潤んだ瞳で見つめてきただけで、すぐに指名を入れてしまいたくなるフリーの男性客は多いものです。最初にフリーで担当する時間は大体15分程度だと思いますが、その短い時間内でこの中の「スキ」をいくつか見せておけば、その日の指名にはつながらなくても今後の来店の際に指名してくれることが期待できます。

また、「スキ」を見せることのもうワンステップ上の手法として「とっておきの殺し文句」を用意しておくことも重要でしょう。自分のキャラやお客さんのタイプによっても言うセリフは変える必要があるでしょうから、相手やその場の雰囲気に合わせられる殺し文句をいくつか用意しておくことが大切です。
以下に殺し文句の例をいくつか記載しておきます。

『(お客さんの名前)さんって素敵ですね』
『(お客さんの名前)さんって仕事ができそうですね(賢そうですね)』
『(お客さんの名前)さんって女の子にモテるんじゃないですか?』
『ここだけの話なんですけど(お客さんの名前)さんって私のタイプかもしれません』
『(お客さんの名前)さんだと何だか自然に話せる気がします』
『(お客さんの名前)さんと話してるのが楽しくて、仕事だってことを忘れちゃいます』
『最近気の合わないお客さんばっかりだったから、(お客さんの名前)さんにつけて良かったです』

など、文章で読むとわざとらしくてクサいようなセリフばかりですが、実際に別れ際こんなことを言われると以外に男性は弱いものです。上記の例文を参考にして自分のキャラに合ったオリジナルの殺し文句を何個か用意してみましょう。きっと新規のお客さんに対する大きな武器となってくれることと思います。
ただ、次の来店時ではなくどうしてもその日の内に指名をもらいたいという場合は、一か八かの勝負に出るべきでしょう。口説くことを目的としたお客さんであれば、多少自分の好みとは違う女の子でも「この感じなら今日、口説けそうだ」と思い指名してくれることも少なくないからです。

指名された後の接客のコツ
さて、あなたは無事にお客さんから指名をもらえました。しかし、口説くことを目的としたお客さんの場合、本当に大変なのはそこからなのです。彼らの目的の最終段階は「口説き落とすこと」なので、「どうもこの子は落ちそうにないな」と感じた時点で指名してくれなくなってしまうものだからです。

当たり前のことかもしれませんが最初の数回接客するだけでは、口説き目的のお客さんの考えを変えるのは不可能です。では、目的を変えるために接客する回数を増やすためにはどうすれば良いのでしょうか?
そのためには初めのうち「色恋」でお客さんを繋ぎとめつつ「色恋」以外の関係を深めるための時間を稼ぐ必要があるでしょう。いわゆる「落ちそうで落とせない」という状態を作り出すわけです。経験とテクニックが必要になるとは思いますがこの「色恋営業」はセクキャバの世界では王道の手段です。

しかし「色恋営業」はあくまでも時間を稼ぐための手段だということを忘れてはいけません。こちらの最終目標はお客さんが口説き目的でなく自分を指名してくれるようになることなのです。そのためには接客する中で様々な手法を用いながら営業する必要があります。具体的なテクニックとしては下記に挙げるようなものを試してみましょう。

・恋愛対象としての関係の中でも、相手を尊敬できる相手という立場に持ち上げる
・今後10年単位で長く付き合っていきたいという雰囲気を醸し出す
・セクキャバという仕事の中での愚痴を話したり、悩みを持ちかけたりする
・自分の持っている将来の目標や夢を話す
・幅広いジャンルの映画や本に触れておき、その内容に関して自分の意見を話してみる
・明るい性格で会話するのが大好きというお客さんであれば、来店のたびに楽しい話で目一杯盛り上げる

つまり口説くことを目的としたお客さんに「口説けないけど、この子と話してると癒される」「恋愛関係にならなくても話してるだけで楽しい」や、「全力で頑張っているこの子を応援したい!」と思ってもらう方向に移行していくように誘導するわけです。この誘導の時間かせぎのためには上記した「落ちそうで落とせない関係」を作ることが不可欠です。もしそういった関係を作る前に簡単にお客さんの目的を叶えてしまうようなら、一流のキャバ嬢になるのは難しいでしょう。

勝負の口説きをしてきたお客さんへの対応のコツ
口説くことを目的としたお客さんは、しばらく期間が経過すると勝負をかけてくることがあります。その期間はそれぞれの性格や遊び慣れの度合いでも異なりますが、早い人で2、3回目の同伴やアフターの際に勝負してくる人もいます。

2、3回目という例外を別とすれば、一般的には約3ヶ月、長くても半年程度で勝負に出るお客さんが多いようです。さて、ここで考えるべきなのはお客さんがそのときどのような気持ちで勝負してきているかという点です。多くのお客さんは、以下の3パターンに当てはまると思われます。

①今日勝負をしてダメなようなら、また改めて作戦を練り直そう
②今日勝負してダメなら他の女の子を指名しよう
③今日勝負してダメなら別店舗の女の子を探そう

①の場合は次回また口説いてきてくれるように誘導することで時間を稼ぐことができるでしょう。②のパターンはどんなに太っ腹で稼がせてくれる人であっても諦めるしかないでしょう。③の場合は他の二つとは少し状況が異なります。これは口説く相手は別の場所で探すけれど、この子は気に入っているから癒し・リフレッシュできる友達としてキープしておこうというお客さんが考えているということです。今までよりも来店回数は減ってしまうとは思いますが、それ以降の接客の仕方次第では変わらず良い関係を築いていくことができるでしょう。つまり、こちらからすると③のパターンに行き着いてくれるのが理想的だと言えます。

簡単に説明してしまうと以上のようになりますが、実際にそのお客さんがどう考えて口説いているかは分かりません。どのパターンなのかを考えることは大切ですが、口説くことを目的としたお客さんはそのうち来なくなるものなのです。長くて半年、通例なら3ヶ月程度で来なくなるんだと割り切ってしまうのが無難なところでしょう。

「そうは言ってもこのお客が来なくなると痛い」と考えるかもしれません。ただ、少し冷静に状況を分析してみましょう。そのお客さんが来ることであなたの稼ぎになっているのはどのくらいでしょうか? その人が来店したときと来なかったときの収入を比較すれば、そのお客さんによる稼ぎを算出することはできるでしょう。もちろん一般論では語れませんが、おそらく一ヶ月で10~15万程度の違いではないでしょうか。

そう見ると大きな痛手のように思えるかもしれませんが、特定の男性の口説きに対応することによるロスは意外に大きいものなのです。その人以外のお客さんのために割ける時間も減ってしまいますし、精神的な負担も大きくなってきます。更にひどい場合には、相手の男性が独占しようとしてきたり、何か悪い噂を流すようになったりするかもしれません。

そうなると結局のところ、その人にこだわることによる損失の方が大きいと言えるのではないでしょうか。よって「一人来なくなったら、また新しい常連客を作るしかない」という割り切った考え方で仕事に臨む方が良いのかもしれません。
そう思っておけばお客さんが勝負の口説きをしてきたときに、①(また機会を改めよう)や③(口説く相手は別の相手を探そう)のパターンを前提として、口説きに対応することができるはずです。

セクキャバというお店で癒されたいお客さんへの接客のコツ
セクキャバで癒されたいタイプのお客さんの多くは、セクキャバというところがどういう場所なのかを熟知しています。つまり、人気の高い素敵な女の子ほど口説き落とすのは難しいという事実を分かっているのです。

セクキャバに初めて来るお客さんのほとんどの男性は、セクキャバを「女の子を口説くためのところ」を考えています。上司や取引相手に無理矢理、誘われた新婚の人やセクキャバ遊びを一つのステータスもしくは経験のためにと来た人以外の多くは、「可愛い女の子を口説くぞ!」と思って来店してきているものです。そしてその中のほとんどが目的を達せず「やっぱりセクキャバで働いている女の子を口説き落とすのは難しい」という結論に到るのです。

通常ならその結論に到った段階でセクキャバに通うのはやめてしまうのでしょうが、なぜかまたお店に足を運んでしまい、また返り討ちに合ってしまうというのがセクキャバの不思議なところです。それは擬似恋愛ができる空間であるということと、セクキャバで過ごす時間が日常のストレスを解消してくれることが多々あるからです。
さらに、セクキャバで素敵な・キレイな女の子と盛り上がれること、それ自体に喜びを覚えるようになっていくからです。こういうお客さんは「癒し」を求めてセクキャバに来ているタイプと考えることができます。

フリーでついたときの接客方法
基本的には最初から癒し目的でセクキャバに来るお客さんはかなり少数です。初めは女の子を口説こうと思って通っているうちに、いつの間にか癒しが目的になっているということお客さんがほとんどなのです。

ゆえにフリーでついた際は「お客さんは口説き目的で来ている」と考えながら、お客さんの性格に合わせて明るく楽しむ、もしくは落ち着いた会話をしていくという接客が良いでしょう。何はともあれ、まずは次回以降の指名をしてもらえなければいけません。そのためこの女の子なら口説き落とせそうな気がするとお客さんに思わせておいて、次回以降「癒し」を楽しんでもらうように誘導していくのが一般的な方法です。

ただし一見するだけで、明らかに「癒し」を目的としているように思えるお客さんもいます。そういったお客さんにセクキャバに通っている年数を尋ねてみましょう。セクキャバ歴の長い人の中には「癒し」目的の人が多いものなのです。そういったお客さんには一発目から癒し目的で接客してみるのも良いでしょう。例えば、最初の来店から癒しを目的とするお客さんにウケやすいのは以下のようなキャラクターです。

①天真爛漫、元気で活発
②明るくてとにかく場を盛り上げてくれる
③ほんわかした天然キャラ
④あまり重苦しくない話題で、肩肘張らない会話のキャッチボールが楽しめる
⑤お客さんの話を無理なく引き出す聞き上手

要するにお客さんが無理しなくても良い女の子のことです。「癒し」目的のお客さんとしては「もしかして口説けるかも。でも別に口説けなくても話してるのが楽しいから良いや」と思って指名することが多いようです。

指名をされてからの接客方法
「癒し」を目的とするお客さんに指名をもらってからは、時間をかけて少しずつあなたの持つ癒しの世界にハマってもらうのが一番の近道です。この癒しの世界に一度ハマってくれたお客さんはある種の中毒にかかります。

長くセクキャバ遊びを続ける人の多くはこの「癒し」の世界に魅了された人々です。そういうお客さんに「落ち込んだり、仕事や人間関係での悩みを抱えてしまったけどお店に行ってあの子に会えば元気が出る!」と思ってもらえればベストの関係性と言えるでしょう。

そのためにはお客さんの置かれている生活環境を知り、それに合わせた接客をするのが重要不可欠です。簡単に「癒し目的」とまとめてはいますが、お客さんが癒しを感じるパターンは人それぞれです。甘い会話やゆったりとした穏やかな空気感に癒されるセラピー的なものを求めている人。とにかくギャグやくだらない会話をすることで、その場がとにかく盛り上がることでストレス発散になるという人。または、身内や近しい人には決して言えない愚痴を話せる場所に癒される人など、お客さんが求めるものは様々です。

お客さんの性格・仕事上の立場・家庭環境で多様に変わるのでそれを見極めるのは難しいこととは思いますが、お客さんのパーソナルデータを理解したうえで接客するのとしないのでは大きく差がつくことと思います。会話の中からそういったお客さんの情報を聞き出すのもキャバ嬢の大きなテクニックなのです。

セクキャバ求人お仕事相談カウンター
セクジョブお仕事相談カウンター
close Don't Show Again