ストレスを溜めない方法をご紹介

ストレスを溜めない

ストレスは知らず知らずのうちに溜まってしまうものです。

ストレスを上手に付き合うのも一つの手ですが、

そもそもストレスを溜めない方法もあるんです。

以下ご紹介します。

 

■人と話す

・「友だちと愚痴って話を共有する」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「おいしいものを定期的に食べる、まわりに話す」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ひとりで抱え込まない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「愚痴を聞いてもらう」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職

「人に話しても何も解決しない」なんて思ってはいませんか? そんなことはありません。確かに、素晴らしい解決法を友だちや家族が授けてくれるわけではないかもしれませんが、胸の内にあったもやもやを具体的な言葉にして聞いてもらうだけで、心がすっと軽くなるはずですよ。

■自分の時間を大切にする

・「家に帰ってゆっくり本を読んだり、コーヒーを飲んだり、自分だけの時間を楽しむようにする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「早めに仕事を終わらせて帰宅する。職場にいる時間を少しでも短くする」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「毎日ひとりでゆっくりする時間を作る」(29歳/機械・精密機器/技術職)

人と一緒にいることがストレスならば、ひとりの時間をしっかりとって、楽しむことが癒しになりますよね。自分の時間を捻出するテクニックも、ストレスをため込まないためには重要なんですね。

■おいしいものを食べる

・「おいしいものを食べて元気になるようにする」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「甘いものを食べる。おいしいものを食べるとストレスを忘れるから定期的に食べる」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「おいしいものを適度に食べる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「週に一度、先輩たちと豪華なお菓子を食べること」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

おいしいものを食べれば、幸せな気分になれますね。「幸せ」と思う気持ちは、ストレスを撃退する特効薬と言ってもいいかもしれません。手軽にできるストレス対処法ですね。

■ポジティブシンキング

・「なるべくポジティブに考えて小さいことを気にしないようにしている」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「いつも笑顔で深く考えすぎないようにすること」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「終わったことの悪いことを引きずらずに前に進むこと」(28歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「前向きに楽観的に考えるようにしています」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

ストレスをため込みやすい人の多くは、何事もネガティブに捉えがち。前向きに考えれば、自分の置かれた状況もそんなにストレスを感じるものではないかもしれまません。いきなり考え方を変えるのは難しいですが、ポジティブに考える癖を付けたいですね。

■まとめ

ストレスをため込まない、という習慣は、心も体も豊かにします。ストレスがなければ、仕事へのやる気も、遊ぶことへのフットワークの軽さもきっと増すはず。毎日、生き生きと暮らすためにも、ストレスはため込まない! を心掛けたいですね。

出典:http://woman.mynavi.jp/article/160402-18/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×
↓クリックで社会貢献↓