AV女優の仕事に興味がある方 好条件でプロダクションを紹介します。問い合わせは⇨ avmadokuti@gmail.com


 

AV女優がもたれる印象と悩み

 匿名でこっそり悩みを相談できる「便利なWebサービス」15個
世間が考えるAV女優はどのような印象だろうか。社会から逃げて何も考えていない。親のことを考えていない。自分が良ければよいという自分勝手な考えの持ち主。エロい。こんな考えの人が多いのではないだろうか。しかし、たとえ表面はそうしているとしても、きっと現場だけの姿なのではないだろうか。本当の姿は違うのではないだろうか。
しかし、AV女優も私たち人間と同じ。AV女優として働きながら悩みを抱える1人なのだ。そんな悩み自業自得だと思うかもしれないが、AV女優という仕事をしながら私たちと同じように些細でも自分としては大きな悩みを抱えているということをわかってほしい。
 
撮影中は多くの人が男性である。中には女性のスタッフもいるが、AV女優以外の男優さん、監督、スタッフのみんなはほぼ男性の割合が占めている。現場でのAV女優は、仕事をこなさなければいけないし、撮影が終わるまではみんなに同じ態度で元気で明るい女の子でいるだろう。そうそう文句も言えないし、もし言ったとしても笑いに帰れる雰囲気での冗談めかした文句である。
しかし現場が女性ばかりだとどうだろうか。まさか同じ光景は望めないだろう。そもそも女性という生き物は噂話が好きだし、人をけなし落とすことも日常茶飯事である。撮影のやり方や、時間配分、衣装や相手役の悪口、こんなことはベラベラと、まるでこれからお茶に行く?と話すかのように話すのである。男たちが見ている普段の彼女たちや、想像を超える姿が女たちの現場には当たり前のように広がっている。
笑顔を見せるのは悪口を言って盛り上がっている時、基本的には態度も悪く、口も悪い。可愛らしいなんて言葉は決して当てはまらない姿である。わかりやすく言えば、汁男男優とでも言っておこうか。彼らは撮影中優しい言葉は使わないが、完全に優しさを捨てたわけではないし、女の子に接している本能が出てしまう。しかし、女性の集まりはこんな優しい姿はない。同情すら見受けられないだろう。
これが人として最悪のことだとは言わない。しかし、彼女たちの人間味のなさには言葉を無くす。中途半端な結論は求めないし、悪い奴は悪い。良い人は話のネタにもならない。何とも怖い世界である。おもしろいかおもしろくないか、出来る人か出来ない人か、2つに1つの答え以外は用意されていないのだ。
しかも、一旦この集団の話が落ち着いたかと思えば、広めたがる。携帯を片手に拡散を始めるのだ。誰でも良いのだ。話を聞いてくれる人で、反論しない人。付き合っている人がいればそこに話す人もいるが、飲み仲間や、友人、マネージャーなど。しかもお金が絡む話に関してはすぐに広めたがる。確実な中身に関しては不明である。だからダメなのだよ、なんでいつもそうかな、無理なものは無理、自分で言ったことは守って、あんただけが困っていると思わないで、払うって言ったのだから払いなさい、しっかりしてよ、とかそんなところでしょうか。
これは男女問わずだが、お金が絡んでくると大変だ。女は引くことはない。返してもらうものは返してもらわなければ納得しないし、怒りは収まらない、怒る時は怒る。解決するまで永遠とこの話は続くのである。逃げようものなら、逃げ場のない場所に移動させ責めたてるのだ。戦いを決めた女は怖い。話し続けても終わりが見えないのに永遠と同じ話を続けるのだ。
AV女優も同じ。普段現場で見せている顔とは180度変わるのだ。普段見る気持ち良さそうな顔も、興奮するセクシーさも頭から吹っ飛んでしまいそうな勢いである。AV女優は普段悩んでいるのだ。私たちの想像を絶するほどに。しかし彼女たちのことを家族や友人として考えてみれば簡単に想像できることではないだろうか。私たちのように生きている中で、商品として、若さを身体で受け入れられているのだ。生きていることが分からなくなってしまうのは容易に想像できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×