AV女優の仕事に興味がある方 好条件でプロダクションを紹介します。問い合わせは⇨ avmadokuti@gmail.com


 

AV女優の数方1万人、AV男優の数70人!!

AV女優として働いている方1万人に対して、AV男優の数70人!!
絶対に男なら一度は見たことがあるアダルトビデオ。女性用もあるというくらいだから、性別問わず普及しているのであると感じる。
やはり男の人なら一度はやってみたいと思うAV男優だと思いますが、やはり一般の方には「無理」「やれるわけがない」こういった考えが出てくるのは当然であろう。
何しろ女性よりも男性の方が精神面では圧倒的に弱いからだと感じます。スタッフに見られながら性行為を行うことや、持続力やテクニックここが男として考えてしまう面でありましょう。
そして、一番の問題は社会的な立場や自分自身のプライドや自尊心が関わってくるだろう。
実際にやっ ていく人はある意味普通の人が見る夢を手放して開き直らないとやっていけない世界ですね。
加藤鷹さんや日々野達郎さんと言ったまさにAV界を作った方々や沢井亮さんやしみけんさんなど新世代のAV男優総勢19名
AV
の月間販売数はなんと4500(推定)とかなりのものである。また、そこに出演している女優は約1万人と言われています。
やはりこういった職に就いている方は、昔ですと借金があったりなにか言えないような訳ありな方が多いというイメージであるが、今は性情報はすぐに手に入ったり、ギャラ目的でこの世界に飛び込んでいる女優達ばかりではないというのが驚きだ。
それでは、男の方ではどうなのかというと職業と言えるAV男優はなんと70人である。
これは単純計算で言うと1日150本作られることになるので、当然売れている方になると一日に2,3現場はあると考えられる。
この現状を見ると普通の方には到底真似できないものであろう。
ここの業界は2003年頃からインターネットの普及の影響で薄利多売のスパイラルに嵌っていった。製作本数も圧倒的に増え、予算や時間が全て限られてくるのだ。
つまり精力がどれだけ強かろうが、それだけでは駄目なのである。手際よくセックスをする、いわばプロの技術が必要になってくる。また、性病検査も月に一回は最低でも行わなければならない。男優にとってはまさに「血統書」であるので、これがな いと仕事も安心して頼めないのである。
ここでは普段語られない男優達の本音を迫っているのが大変興味深い。まずギャラの方だがこれは昔から変わらず5万が相場らしい。やはり大変だが1日2現場こなせば10万といういい収入である。ちなみに加藤鷹クラスの方になると過去の最高年収が2500万、今までの経験人数は推定で8000人とものすごい数である。
833cec83
よくある質問で「数をこなすことで女性がわかるのか?」という質問について「わからないからこの仕事をやっています。やってもわからないから」と加藤氏はこう答えています。
また風俗のルポ漫画で知られている平口氏は「信用しなくなります、考えているのを読めると徐々に女性不審になっていく」と答えている。男優達 もみな「怖い」「わからない」と述べている。
次に「プライベートと仕事は違うのか」という質問では見事に意見が分かれたのである。
まず一緒の意見の方は「本質は同じ」という意味合いや「好きになれないと出来ない」一期一会のセックスでもそう考えている人もいるみたいだ。
次に違うという意見の方では撮影しやすい状況を意識しているらしいが、流石に私生活では派手な体位はないらしい。また若手の中では「ガツガツ感」を出すために普段性欲を押さえ込むというストイックな方もいるようだ。
どんな状況でも女の好みを問わず、監督の求めるものを全力で応えて最高のものを出していなければならない、いわば縁の下の力持ち。それが彼らAV男優。
どんな人でもやれるので窓口 は広いが、継続するとなると本人の素質や探究心が求められるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×